Blog

いきなりのドカ雪

2017年01月15日

「数年に一度」の大雪らしいです・・・朝起きたら、窓の外の夜の底が白くなっていました(引用)
先日まで雪が少なくて喜んでいるところに、この仕打ち。自然は気まぐれですね。
子供は思う存分、雪遊びができるので喜んでいますが、親は雪かきに雪下ろしを考えて憂鬱です・・・まぁ、雪国に住んでいる者の宿命だから仕方がない。子供と一緒に雪を楽しむことにします。


写真は大雪前の最後の穏やかな山の表情。
個人的には雪景色も好きなので、まんざらではないです。
この地域の食べ物が美味しいのも雪のおかげと言われていますし。

と、自分に言い聞かせながら、車に積もった30cm以上の雪を振り落とす毎日です・・・

2017年が明けました

2017年01月04日

2017年の年明けは、驚くほど穏やかでした。
雪の積もっていない正月を迎えたのは何年ぶりでしょうか。
しかも、三が日は天気が良く、絶好の散歩日和。
雪の積もっていない川沿いの堤防を子供と二人で歩きました。


しかし、昨年末で会社を辞めてフリーランスとして独立をした今。私にとっては試練の年となると思います。
気を引き締めて頑張ろう!と思いつつ、こたつでぬくぬくミカンを食べている今日この頃です。

サイトリニューアル完了

2016年12月30日

ホームページのリニューアルが完了いたしました。
デザインは以前のままですが、コードをゼロから作り直しております。
できるだけjavascriptやライブラリは使わずに、css3だけで処理を行うように作っておりますので、表示速度がだいぶ早くなりました。
さらにモバイル環境を考慮した転送量を抑えた作りになっております。
(モバイルから5Kディスプレイまで適応できるように調整しました)

制作時はFirefoxで確認しながら、最終調整をChromeとsafariで行っておりますので、だいたいのブラウザには対応できていると思いますが、新しWEB技術を多く取り入れたために、今回からInternetExplorerは非対応といたしました。どうかご了承くださいませ。
(完全ではないですがIE10と11なら一応閲覧は可能です)

InternetExplorerより大分マシにはなりましたが、まだバグの多いWindows10標準搭載のEdgeにも対応させております…

Windows10所感

2015年07月30日

昨日から無償アップデートが始まったWindows10。さっそくインストールして使っています。
Windows7からWindows8にした時は起動・終了が大幅に高速化されて感動したものでした。
Windows10は起動・終了はWindows8.1より遅くなったものの、動作自体は快適になったような気がします。

他にもMacで重宝しているミッションコントロール(と言うより昔あったExposeかな?)のような「タスクビュー」や、MacやLinuxのようにデスクトップ画面を複数作れる「仮想デスクトップ」のおかげで、作業の効率も上がりそうです。
さらに「検索」もSpotlightのような感じになったし、使い勝手の悪かったアクションセンターがMacやiOSの通知センターのようになりました。
つまり・・・そのまま他のOSの良いところを真似た感じなんですね(笑)

ブラウザもInternet ExplorerからEdgeに変わって、WebKitに準拠したものになったので、WEB制作が非常楽になりました。最近重くなってきたChromeより高速なのも好印象です。
(でも、まだ若干のバグやcssの解釈がオカシイところがありますね…)

タブレットモードだとデスクトップ操作が限定的になったり、若干使い難い部分が目立ちますが、概ね良いOSだと思います。


隠れた名機

2015年05月16日

「ASUS」なんて読むのか、未だに戸惑う「ASUS」
今では世界的な台湾のパソコンメーカーなんですけど、その昔はマザーボードなどのパーツメーカーとして有名でした。
ちょっと前だと、ネットブックの火付け役として名を馳せましたね。

私はこのメーカーが結構好きなんで、AppleやHP並によく購入します。現在は今年2月に発売された「TransBook T300Chi」を愛用中。
今日はこのT300Chiの話です。

T300Chiは先月発売された新型MacBookと非常に似通ったスペックで、CPUや高解像度液晶、薄型ボディなど、スペックだけを見るとMacBookのライバルと言えます。しかし、MacBook人気の影に隠れて、いまいち人気はありませんし、価格もMacBookより高いです。

ところが、Apple好きの私なのにMacBookを買わずにあえてT300Chiを購入しました。
理由は3つあって・・・

その1 「2in1が大好きだから!」

まず、この一言に尽きます。
子供の頃から合体変形ロボットが大好きな私は2in1デバイスに目がないのです・・・(笑)
2in1とは合体や変形によってノートPC形状になったり、タブレット形状になったりするデバイスで、1つぶで2度美味しいマシンなんです。
私は勝手に「タブレットPCのカンブリア紀」と呼んでいますが、Windows8の登場時に各パソコンメーカーから多種多様な変形型PCが発売されました。
私の2in1大好き話はまた今度書く事にして、T300Chiに話を戻しますと、このPCはMacBook並の薄型PCなのに、なんと液晶部分が外れて、タッチパネル対応の超薄型タブレットPCとして使えるのです。

その2 「実はデジタイザ搭載!」

実はASUS自体が全く宣伝していないため、あまり知られていませんが、このマシンはデジタイザ(筆圧対応のペン入力)対応なんです。
これはMacBookに対する大きなアドバンテージです。デザイン関係の仕事をしているので、筆圧対応のペンで書き込めるかどうかは非常に重要な事なんです。
ただ、T300Chi用のペンは日本では売ってないので、DELLのVenue8 Pro用のアクティブスタイラスで代用する事になります。

その3 「そのうちMacOS Xを入れる夢を見る!」

上で「デザイン関係の〜」と言ってますが、実はWindowsマシンは仕事ではほとんど使いません(笑)
やはり作業効率や使いやすさを考えるとMacの方が良いので、手持ちのWindowsマシンは4ケタAtom機を抜かすと全てにMacOS Xを入れています(という、夢を見ております・・・笑)
このマシンはMacBookに構成がそっくりなので、多分インストールできるんじゃないかな?と思ってますので、そのうち入れて(夢を)みたいと思います。

それでも、T300Chiはクライアントに画面を見せながらラフを描いたり、出先で写真編集をするのに便利なので、これまで使っていたMacBook Airを持ち歩かなくなりました。
一時期Surface Proで同じことをしようとしていたのですが、入力関係や重量的にイマイチだったので、MacBook Airに取って代わることはなかったのですが、T300Chiならば理想的な使い方ができてると思います。