2013/07/20

外部記憶

子供の頃から旅が好きで、中学の時には他県に行ったり、高校生の頃は野宿をしながら自転車旅行をしていました。
もちろん親には心配されたくないので、色々誤魔化してたけど、バレて捜索願を出されかけた事もあります。

長い大学の夏休みには自転車にキャリアを付けて日本中を回っていたのですが、写真を撮るようになったのはここ数年の事で、この頃の記録はほとんどありません。
携帯で撮った写真が少し残ってるだけで、今思うと非常に惜しい事をしたと思います。

「男なら心のファインダーに焼き付けろ」的なスタンスの私でしたが、今では記憶のフィルムも色あせ気味で、思い出の風化に寂しさを感じる事も多くなりました。
最近は写真という外部記憶に頼るようにしてるのですが、私の場合は巧拙よりも自分の主観を大事にし、見たときの気持ちを思い返せるように撮っています。
このサイトでは、その記憶の一部としての写真を公開してるので、ちょっと恥ずかしい気持ちもあります。

関連記事